2020年2月12日 (水)

製作中

久しぶりにココログ開いたらなんだかフォームが変わってる。
って前回も書いてるね。こんなんだったっけ?
とりあえず今までどおり書いたら良いのかな?

なんとなくアルテッツァを作りたくなったんで近所の模型屋で買ってきた。
こちらに越してきて初めて実店舗で購入。
アマゾンや電気屋等では買ってたんだけど所謂昔ながらの模型屋はかなり久しぶり。
もう絶滅しそうだけどなんとかやってるみたいなんでまた買いに行こう。

とりあえず仮組してみた。

Alz1
Alz3
まぁ悪くないんでない? 少なくとも自分にはアルテッツァに見えるし。
ただ車高は高いね。実車もツルシならこんなもんだと思うけど。
ちょっと下げてみよう。

Alz2low
こんなもんかな? 一応設定(妄想)としてはテインの車高調をいれてローダウン
※キットがテインのデモカーなので
マフラーはTRD、ホイールはグライムライツ(写真のはエンケイ)でシートはレカロ。
エアロは純正オプション程度でまぁお手軽チューンて感じにしようかと。
となるとシートはレカロよりブリッドが良いんだけどスクラッチめんどいしw
運転席だけにするか二脚揃えるか…自分だと揃えるけど高いしなぁ。
模型だから何でもありだけどそれだけにバランスが大事じゃないかと思うんだ。
一応実車デビューまもなく新車で買ってチョコっと弄って楽しんでる感じにしたいなと。
さて次回が有るといいね。

| | コメント (2)

2019年9月16日 (月)

色づく世界の明日から

久しぶりに更新しようとしたらココログの仕様が変わった? 

適当にやってたら消えてもた…気を取り直して再度投稿です。

タイトルは見ての通り昨年やってたアニメですね。BD買ったんで記念投稿w

キービジュアルがよくアマゾンで出てて気にはなってたんですが面倒くさくて

見てなかったんですね。でGWに暇に任せてタイトル詳細をみてみると

キャラ原案『フライ』ってあるじゃないですか!こりゃ見なけりゃと一気見w。

いゃ~良かった久々にBD買う気になりましたワ。

んでBOX3つ購入。オリジナルCDは気になったけどそのために1万円はちょっと無理。

Bd1

ふつーのを買いました。ちょっと高いしね。

この作品、舞台が長崎で超メジャーなところばかり出てくるんでなんと放映1年前に

聖地巡礼してました。

Photo_20190916183901

Saka

Kinennzaka
Kinennsaka
Megane
まぁ偶然ですがグラバー園、祈念坂、眼鏡橋、思案橋、長崎駅…まぁ皆行くよねw 

地方振興アニメと言われる所以です。なんか多いよねPAWorksって。

因みにお話は、今更ですがタイムリープ物なんであんまり突っ込んじゃ駄目です。

BTTFといい勝負のタイムパラドックスがありますが、ファンタジー(御伽噺)ですから。

あと最終話のCパートの解釈は色々言われてますがお墓は唯翔の説を推しますね。

母親や親族だとあのカットは不要と思うし、今までの17年間が不自然になるんで。

だって本人以外皆知ってるわけだから17年間存在を隠しているのは無理があるよね。

60年という設定も70年だと生存が厳しいし50年だと生きてないとちょっと

早や過ぎない?ってなるしね。

なんて見てない人には何のことやらな記事ですが気になったら見てみてください。

しかし、5年前だったら個展にもいけたのに残念。

 

| | コメント (0)

2019年1月20日 (日)

あけおめ更新

流石にあけおめには遅すぎますが今年もよろしくお願いします。です。

さてさて昨年も完成品ゼロでしたがお手付きは沢山御座いました。
なんの自慢にもなりませんのでスルーしまして今年の一発目です。
Ch22box1
古のDODGE CHARGER 2.2 です。
最近マッスルカーも復活してますが一時期パワーダウンしFFになったりてかつての
面影がなくなってました。チャージャーもかつてはデイトナとかで活躍したマッスルカー
だったんですが1980年代はFFになり排気量もたったの2.2ℓとただのコンパクトカー
みたいになってました。おいたわしや…

キットはモノグラムのスナップタイト。モノなので1/24です。
まぁ1/25が駄目ではないんですがやっぱり1/24がしっくり来ます。
見ての通り古いキットです。多分アキバのレオで10年くらい前に買ったような…
何で買ったのかも記憶にないのですが「なんとなく」でしょう。
スナップと言ってもモノグラムですからちゃんとエンジンもついてます。
Ch22box2
出来はまあまあ? そもそも格好良いのかどうかも良く分からない車ですがw
買った当時に仮組して放っておいたのが引越しの後片付け時に発見され
ちゃんと作ろうかなと。

とりあえず、パーティングライン処理と抜きテーパー処理をしてシートの裏を埋め
次にエンジンルームを弄ろうかと言うところ。
Ch22parts
あっ、ボンネットのルーバーはタガネで抜いておきました。
パッと見まぁまぁ出来てます。※メッキとモールドされてた配管は除去してます
でもねよく見ると…
Ch22eng
バルクヘッドが筒抜け、パワステユニット無し、エンジンマウント無し、デスビも
無し。オルタはあったけどどこかに消えましたwそもそも形が違ってました。
さて、どこまで手を入れますか。
今のところ…
・バルクヘッドとパワステユニットは目立つので何とかしよう。

・デスビも寂しいので何とかしたい。
・オルタはどっかいったので作り直そう。
・エンジンマウントも何とかしたいな。
問題は配管類ですが、有るのは分かるがどこからどこへかが分からない。
実車写真を見るとゴッチャゴチャでどう省略したもんかと悩んでます。
足回りもね…ストラットくらい作ったほうが良いのかなぁ~

そもそもそこまでするキットか? と自問自答したり(爆)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月23日 (日)

三連休♪

今月は三連休が2回もあって良いですね。
どうにも億劫な性格なんで二連休だと腰が重いのですヨ。
それに先週しようと思ってたんだけど会議前で自粛したんで今回施工♪

今回やること。

・キドニーグリルをMパフォーマンスのブラックグリルへ交換
・色あせ&紫外線でボロクなったエンブレムを新品へ
・トランクルームのディバイダとフレームを繋ぐブラケットの修理

まずはグリル交換の為、バンスポを外しますが…これが面倒くさいw
固定はボルトが7個、ネジが11個で上下左右で固定されているんですが
左右のネジが回しにくいところにあって難儀します。ホイールハウスの前側の
インナーフェンダーを捲ったところの奥に有るんだけどタイヤとフェンダーが
邪魔で…手が痛いですわ。
Photo
この写真はバンスポ外した状態なので何てこと無いけど実際は見えないからw

なんとか外れた。
Photo_2
タイヤが横向いてるのは前述のネジを外す為。

Photo_3
なにやら色々、付いてますが全部クリップですね。写真左下のインテーク風グリル
もほぼダミーですが35iだと抜けてるんですね。替えたいけど直輸入しかないかも。
裏のクリップを外してキドニーグリルを抜きます。
Photo_4
抜けました。ついでにエンブレムも取ってます。これがまた…
Photo_5
ネットではゴムのグロメットで表から外して付け替えられると書いてあったので
バンスポ外す機会が無かったら…ちょっとぞっとしますね。年式で違うのかな?
で完成です。
Photo_6
グリルの色が違うだけでも結構印象変わりますね。あとはMパフォのスポイラー
が付けば本当の完成なんだけど高くて変えませんw

さて、大物が終わったので小物を。
E89 Z4はリトラクタブルハードトップが特徴なんですがルーフを格納する際に
荷物に当たらないようにプロテクトと言うか荷物とルーフを分けるディバイダが
有るのですがコイツのブラケットが脆弱ですぐ壊れます。
3年位前に壊れてその時はプラリペアで接着したのですがまた壊れたので
今度は壊れないように某フォーラムで紹介されてたネジ止めで修理です。
もしかしたら誰かが悩んでるかもしれないのでやり方を紹介します。
1

ナンか肝心なところが書いてないようですが実物が手元にあれば分かると思います。
黒ビスだったら目立たないのですが売ってなかったので目隠しをば。
Jpg
写真だと目立ちますが実際はさほどでもないです。これで暫く持つでしょう。
ここのパーツ、なんとかディバイダってパーツリストに書いてますがドイツ定価で
200ドル近くしますのでディーラーで買うと…怖いぞ。個人輸入ですかね。でも嵩張るし
部品が安くても送料が気になりますし、どうせまた壊れますのでwネジ止めが良いでしょう。

さて、一段落付いたので明日は洗車しようっと。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月16日 (土)

続き

また空いてしまいましたが…
やや面倒なほうを加工しました。
実際やった方は分かると思いますが、うまくやれば30分くらいで出来ると思います。

なのにこんなに空いてるのは…ちょっと失敗したんですねw

では作業の続きを
B
アクセルペダルと違って穴あけ位置のシールが付いてます。
これを貼って(今思えばこの手順が間違ってたと思う)穴を4mmドリルで開けます。
アクセルと違ってここのビスはナット留めなのでキリを大きくして5mmで開け直してます。
B1
上二つはまぁなんとか。下が付いてないといということは…
ずれたんですね…
写真では抜けているように見えますがビスをさすと途中で引っかかって駄目。
ヤスリやリーマーで足掻いてみましたが固くて1箇所でギブアップ。
大人しく回転やすりのビットをアマゾンでポチり。
すぐに届きましたが天候や忙しくて手が出せずやっと今日作業完了。

Abf
漸くできますた。
結果、ペダルはまぁ適価でしたが、ドリルにキリにビットにとまぁ掛かってますな。
それでもディーラー等で付けてもらうよりは安価でした。
正直、純正オプションなんで最初から穴開けとけよと思う程度には面倒でしたよ。
2回やったら失敗しない気はしますがねw

こうなるとフットレストが寂しい気がしますが何故か右ハンドルのフットレストは無いんで
諦めですわ。社外品だとあるのですが鬼のように高いので無理w
そもそもデザインが合わない。

さて次はグリルにするかスポイラーか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月27日 (日)

とりあえず簡単なほうから

毎日暑いですね。
といってもまだ30℃位ですが…あと7度くらいは上がりますが湿度がねぇ

さてさて、例によって放置プレイが酷いので中途ですがアップです。

購入当時(7年くらい前)から気になっていたアルミペダルを漸くつけることにしました。
Z4用ってのも色々出回っているんですがやはり純正オプションを選びました。
他のはちょっとデザインが気に入らないのと高い(笑)ので。

さて、取り付けですが取り説なんて親切なものは付いておりませんのでnetで
検索すると簡単すぎてあまり解説が無い!
確かに穴開けてつけるだけなんでまぁ仕方ないかね。
穴のサイズとか色々気になったんだけどなぁ

ま、作業は簡単なのでやってみましょう。
まずクルマからアクセルペダルを外します。
慎重にやっても周りが樹脂パーツなんで傷がつくのが困ったモンです。

そして位置決めして下穴を開けます。
Photo
下穴はダイソーのドリル(2mmで開けて、3mmで拡張)で出来ます。
Photo_2
開けたら付属のタッピングビスで止めます。
Photo_3
これで終わり。3行で終了ですワ。

行間を書くと…
アクセルペダルは4箇所のうち3箇所がタッピングで止めるようになっています。
何故か1箇所(右下)は最初からネジが付いたようになってて想像ですが
これで『残りはタッピングで止めて』『ブレーキペダルはビスとナットで止めるんだな』
と分かるようになってます。
だから説明書が無いわけですね。ついでにプレートの裏に両面テープが付いてて
ネジ無しでも一応くっ付きます。たぶん両面テープで止めて電動ドライバーで
ねじ込むのではないかと…自分は小心者なんで下穴開けましたが(笑)
あと車体からペダルを外すのは言葉にすると簡単ですが取り付けネジの目隠し
が取り辛いのと電子スロットルなんでカプラが付いてるのですがコレが硬い。
基本的にコネクタは外れないように作られているんで仕方ないんですがね。

あとはブレーキペダルですがこっちは電動ドリルがないと無理なのでまた後日。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月21日 (日)

お買い物

久しぶりに車弄りです。

といっても自分でじゃないですがw
Z4に限らずBMWってのは純正スピーカーが駄目だそうで…
なんでもプライオリティとコストを走りや安全性に全部振ってて音に関しては
あくまでオプションだとか。本当かなぁとは思いますが実際音がしょぼいのは事実です。
しかも、社外品を買おうにもポン付け出来る物が結構少ない。
少ないって言っても3シリーズ用とかは結構あるんだけどZ4はねぇ~
んで某ショップがJBLのセットを出してたんで高いなぁと思いつつ発注したら…
「廃番です♪」 後継は「○○○になりまーす♪ 価格は倍でーす♪」
ガーン、もっと早く買っときゃ良かった。
流石に悔しいので、某ショップは止めて色々当たった結果。
おフランスのFOCALに。
Focal2
価格はJBLよりは高くなりましたが倍までは行ってません。
てかJBLは3Wayだったのである意味倍かもね。
上でZ4用はあんまり無いって書きましたが、ご他聞にもれずこいつもそのままでは
付きません。専門店だったのでチョット加工して付けてくれました。

で結果はというと。  
最初    『う~ん、よく分からん』
暫く聞いて   『声が良く聞こえる?』
なんとなくそれぞれの音がチャンと聞こえるような。
まぁ耳も素人ですからこんなもんですかね。
そのうち良くなってくるかもしれないと期待しますか。

そうそう、こんなのも買いました。
1801
久々のハナンツです。実は正月に発注してたんですが一向に届かなくて…
どーなってんの?  って調べたら住所不明で近くの郵便局まで来てイギリスへ
帰っていくところで、大慌てで連絡して旅立ちを阻止。やっと手元にw

なんだか微妙なラインナップですが筋は通ってますよ。
このうちひとつでも完成に漕ぎ着けたらとても素敵ですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年1月 7日 (日)

あけおめことよろ2018

まだ松の内だから良いよね?

さて、あまりに放置が過ぎていつぶりか不明…
年末年始の休暇は終わってますがすぐ三連休と嬉しいレイアウトになってます。
だらだら過ごすのも勿体無いと思いつつこの体たらく(漢字だと為体、読めるか!)
実家かが近くなったので気分的に余裕が出来てかつての在庫を少し引き上げてきました。
もともとはとあるMAの増刊を持ち帰るはずでしたが見つからず…
仕方ないのでキットをいくつかサルベージ。
Afkit
大物、AIRFIX 1/24 P-51D グンゼ時代の輸入キットです。
たぶん中学か高校のお年玉で買ったような気もしますがよく覚えてません。
もしかしたら親に買ってもらったのかもしれませんが…当時買ってもらえるとは思えないキットなので(当時で5000円でした。35年前の5000円は結構高額)
しかし、当時の親父は今の自分より年下だったと思うとちょっと気が遠く…(苦笑)

当時、コレを作れる技術も根性も持ち合わせていなかったこともあり一部の部品を加工したところで放置されており、セロテープとベタベタの塗装で結構アレな状況…
とりあえずばらしてみます。
Afbfr
幸いエンジンしか組んでなかったので他の部品は綺麗なままでした。

で、タミヤの剥離剤ではがします。
Afaft
まぁまぁ、落ちました。シンナーだと壊れそうなのでこの程度で。
細かな部品は剥離剤なのか可塑剤の抜けなのか壊れましたが、まぁ影響ないでしょう。
このキット、当時としてはかなり出来は良かったのですが今となってはタミヤの1/32にかないませんね。

パイロットは格好良いんですが、乗せないだろうなぁw
Afp
いつも思うのですがキットのパイロットって、大体前を見据えたものや、お座りしたものばかりで乗せる場合かなりシチュエーションが限られると思うんですよ。
キャノピー開けて横向いたのとかサムアップしたものとかリラックスしたものとかの方が使いやすいと思うんですけどね。

あと、持ち帰ってからこのキットに使えるパーツを当たったところほぼゼロ…ハナンツなんて地元じゃんなんで無いの?
大層なパーツはいらないんだけどキャノピーとかタイヤとかデカールとか有りそうなんだけど
ハナンツもスコードロンもアビエーションメガストアも無しとか参りました。
せめてタイヤは欲しいなぁ~キットのはゴム(ビニル?)タイヤで可塑剤抜けてコチコチなんだよね。
今年はもう少し更新と製作に励みたいと抱負的なものを書いておきましょうか。
ではまた。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年10月 2日 (日)

小物製作

昨日の続き。

イロイロ気になるところの多いウッディージョー飛鳥Ⅱですが…

Ask031
レスキューボートを作ります。
見ての通り打ち抜いてある木製パーツを積層し削り出すのですが小さいので力が
入れづらくてやりづらいです。
Ask033
奥のやつをゴリゴリ削って手前のようにします。
キットの説明書ではこれをいろ塗って完成なのですが…
Ask0335
実船の写真(ボケボケですいません)。
うーん、まぁ感じは出てるような気はしますが…似てませんね。
いろいろ省略も多いし、そもそもキットの形状は箱舟みたいなんですが実物はどっち
かというとハルの形が昔の帆船みたいなでっぷりした感じでキャビンも丸い印象です。

どーしますかねぇ。
手を入れるのは簡単ですがココだけ凝ってもバランスが取れないし、かと言って全体
をそのレベルに合わせると完成が遠のくし…妥協点で思案中。
そんなわけで船内にエポキシ塗って放置プレイ。
Ask035
↑ 例によって乗せてるだけ。

次回は船体削りが進んでるかな?
では。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

飛鳥Ⅱ製作開始

前回いつでしたっけ?
なんて言うほど空いてしまいました。

まぁ、いつものことですね。
さて、前回Woody-JOEのASUKAⅡを買っちまった訳ですがアレからどうなったかというと。

ノロノロと作ってます。
Ask021
まずはハル部分の積層。
Twitterでブツブツ言ってましたが、木って反るんですねぇ~想像以上でした。
左上のタイトボンド(舶来の木工ボンド)を使ってるんですが反る反る(笑)
最初の2層を着けた時点であまりに反ってくるんでホームセンターに走ってクランプを
購入。上の状態でなんとか抑えたという体たらくw
Ask024
積層したらハルを削り出します。
彫刻等やナイフを使って削るんですが結構大変てか削りカスがすごくて掃除機を足元
において削っては吸い、削っては吸い×数十回…
何とかかんとかそれっぽくなったら船体の工作に備えて一旦手を置きます。
写真撮り忘れましたが船体はリブとキールに合わせて板貼りします。
この手の工作は初めてだったので『こんな板、曲げて貼るの?』って思いましたが
木って、曲がるんですね。意外と簡単に貼れましたワw

インストではその後、船体内部をエポキシで補強して外形を削り出す作業なんですが
我慢できないので上部構造物を組み立てて仮置きして遊んでます。
Ask025
全部、乗っけているだけ(笑)

客船模型かつ木製なんて初めてなんでイロイロ諸先輩方のBlogを拝見して勉強し
たんですが、ついでに余計な知識も付いてしまい…この先が心配な今日この頃。

プラモと違って木製キットはキットの素材感(材質で無く材料という意味で)が強い
ので仕方ないといえば仕方ないのですが、このキットはかなり省略が多いです。
間違っている部分も散見されるのですが、木材を加工してパーツを作っているので
どうしても材料の元の形態(板材なら厚みとか)に引っ張られてて妥協というか
割り切った形状のところが目立ちます。
板材の厚みが1mm、3mmと決まってて、その組み合わせでパーツを作るので
微妙な厚みのパーツは厚いか薄いかのどちらかになってしまう訳です。
さらに組みやすくするために細かな凹凸は省略されてるし、ハードルを下げる為か
窓もムクです。(青いシールを窓に見立てて、枠をエッチングで再現…)

先輩方はイロイロ悩みながら省略を受け入れたり抗ったりされてます。
で、自分はどうするのかと現在悩み中というわけ。
プラモのディテールアップをどうするか迷って影響の少ないところばかり先に組んで
行くのと似てますね。

つまり…まずい傾向です(爆)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«出帆♪  そして…